予防接種のお話2021

最近すっかり秋らしくなりました。

気付いたら季節は移ろい、あっという間に猫たちの予防接種の時期。

なぜ時期で思い出すかと言うと

かかりつけのクリニックから、「そろそろワクチンに来てくださいね」

お手紙をもらうからです。

あ、行かなきゃ

と思いつつ、仕事やら家事やらに追われていると

さーっと季節は過ぎていくもの。

このままではいかん!

と思いたち、予防接種に行ってきました。

そもそも、猫に予防接種は必要なのか

ということについては昨年も書いたような。

猫の予防接種は必要か

これを見る限り、昨年より2ヶ月以上時期がずれてしまってる・・・

猫さんたちよ、申し訳ない。

やっぱり元気で長生きしてもらいたい

そう思います。

かかりつけの獣医さん(クリニック)はここのところ全予約制。

それほど大きな動物病院ではないので、まずはネット予約。

日曜日に予約が取れました。

最近は多くの動物病院が日曜日も診療しているので、本当に助かりますよね。

さて、時間前の一仕事は何と言っても2匹にケージに入ってもらうこと

ドアを開けておびき寄せ、頭を突っ込んだ隙にお尻をグッと押し込めます。

と、すんなり入ってくれる時もあれば

ピューっと逃げ出すことも。

今回は2匹とも若干力づく?!で入っていただきました。

我が家は2匹でひとつのケージ。

もともとゴールデンレトリーバーを飼っており、仔犬時代に使っていたものです。

ケージの中のクー

クーはまだこの顔。

でも・・・

ケージの中のラフマ

ラフマのこの顔。

ケージに敷いたブランケットの下に潜ってしまった。

かなりオドオド

獣医さんは予約しておいたため、先客が1組だけで、待合室も我が家だけ。

いつもの先生、いつもの診察室。

まずは体重測定。

クーは3㎏ちょい。

ラフマは6㎏。

むむむ。ほぼ倍。

でも、我が家の猫たちはこれでも比較的小さめ。

昨年とほぼおんなじだね~と、先生。

その後熱を測ってもらい、1匹ずつお尻に近い背中に注射を打ってもらうことに。

ただ、予想外だったのは爪。

爪が伸びてしまっており、「これじゃ切れないなぁ」と先生。

爪切りは家でさんざん苦労していたので、「爪も切っておきます?」と言われ

やった!とばかり、二つ返事でお願いしました。

注射自体はあっという間に終了。

たぶん(想像)それほど痛くもないんだろうなぁ。

打った時も、ふにゃ、くらいしか反応なし。

ワクチン証明書

費用を支払うと、こんな証明書をくれます。

前も書きましたが、ペットホテルやキャットシッターさんに預かってもらう時

この証明書が必要になる場合もあるんですよね。

費用明細

今回は爪切りをお願いしたため、費用もプラスになっていました。

でも、この金額でお願いできるなら毎月来たい・・・

そんなことを思ってしまいました。

かなり遅れてしまいましたが、これで今年の予防接種も終了。

ホッとしました~。

良かった良かった。

では、またニャン。

ケージの中のクー
最新情報をチェックしよう!

猫の健康の最新記事8件

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG